『すこんぶ』近畿食品

すこんぶ

近畿食品のすこんぶです。

酢昆布は昔からある駄菓子ですね。
酢昆布というと中野物産の都こんぶが定番ですが、酢昆布を製造しているメーカーは他にもあります。
大正時代に都水産が販売を始めていますね。

大正や昭和の駄菓子年表で酢昆布の歴史を掲載しています。

大正時代の駄菓子の歴史を年表にまとめました。 寒天ゼリーがこの時期に発明されていますね。 鈴木菊次郎氏は翁飴を開発したりとすごいです...
昭和初期から戦前までの昭和時代の駄菓子年表を紹介します。 「都こんぶ」の中野物産が酢昆布の製造を始めています。 今は酢昆布といえば、...

パッケージがレトロで良い感じですよね。
シンプルですが目にとまります。
美味しそうな予感を感じて、思わず手にとってしまいますね。

酢の良い香りです

中袋から取り出すと酢の良い香りが広がります。
ウェットタイプで半生の酢昆布です。
乾燥しきっていないので、香りが新鮮ですし、柔らかくてとても食べやすいですね。

すこんぶ すこんぶ

駄菓子で半生の酢昆布は珍しいですね。
でもこちらのタイプのほうが駄菓子っぽさを感じます。

中野物産の都こんぶは表面に白い粉がまぶされていますが、近畿食品のすこんぶの表面には何もかかっていません。
少し表面に水分が見えますね。

ちなみに都こんぶの白い粉は“魔法の粉”とも呼ばれている秘密の粉らしいですね。
下記のサイトによると、アミノ酸系の甘み成分だそうです。

かしこい生き方をを考えるオンライン・マガジン by NTTコムウェア

酸っぱさと昆布の旨味が後を引きます。
手が止まらなくてあっという間に一箱食べてしまいました。

すこんぶ すこんぶ
すこんぶ

駄菓子情報

品名すこんぶ
内容量9g
原材料昆布
醸造酢
甘味料(ステビア)
製造者近畿食品
米田誠一
〒635-0813
奈良県北葛城郡広陵町百済1312-1
スポンサーリンク

もしよろしければシェアお願いします

毎週更新です、フォローお願いします

ランキングに参加しています。もしよろしければ投票おねがいします。
にほんブログ村 スイーツブログ 駄菓子・駄菓子屋へ