ラムネ一覧

『チョコミントラムネ』ノーベル

爽やかなミント味のラムネの中に濃厚なチョコチップが入っています。最近はチョコミント味が流行で色々な既存菓子のチョコミント味が発売されていますね。そしてついに、ラムネにもチョコミント味の裾野が広がってきました。商品名がそのままでわかりやすいのは、先行者利益ですね。

『三ツ矢サイダータブレット』アサヒグループ食品

三ツ矢サイダーはアサヒ飲料の商品ですね。同じアサヒグループの会社ということで、協業的な商品でしょうか。小袋タイプと箱入りタイプがあります。タブレットの大きさはヨーグレットとほぼ同じですね。発泡感のある触感です。三ツ矢サイダーの味わいかどうかは微妙な気がしますが、爽やかな後味でおいしいです。

『コロリーバス』ばにーぷらん

バス型のパッケージに入ったラムネです。バスのタイヤは動くのでミニカーとしても遊べますね。トロリーバス風ですが商品名はコロリーバスです。走らせると運転手が上下にぴょこぴょこ動きます。そして実は貯金箱にもなります。屋根にはコインの投入口が開いて、後ろの窓ガラスは引き出しになっていてお金が取り出せます。

『フルーティミンツ』チーリン

グレープ、マスカット、ピーチ、オレンジ、グレープフルーツの5種類のミンツが同梱されています。実験器具みたいな容器に入っていて面白いですね。ミンツが取り出しやすい容器です。フタを開けて一気に口へ流し込めますね。パッケージがアミダクジになっています。運勢アミダクジということらしいです。この無駄さ加減が駄菓子っぽいですね。

『パチパチパニック』明治産業

パチパチと発泡する飴とラムネを混ぜたお菓子です。ラムネの酸味と飴の甘みとパチパチという発泡感が渾然一体となって、もはや何を食べているのか分かりません。すごいジャンク感があってとても駄菓子っぽくて良いです。食べているとなんだか気分がアガって楽しくなってくるので、気分が落ち込んでいる時に食べるといいと思いますね。

『超レモンCラムネ』やおきん

販売がやおきんで、製造は安部製菓のラムネです。駄菓子界のビッグタッグですね。一袋にレモン3個分のビタミンC入りです。商品名通り、レモン味を全面に押し出した味です。酸っぱいですね。ラムネの形や大きさは安部っ子ラムネと同じです。

『SweeTARTS』Ferrara Candy Company

アメリカのラムネというかグミです。Sweetは甘い、Tartは酸っぱいという意味ですね。合わせて甘酸っぱいという意味になります。tangy candyと書かれています。tangyは「強い味[におい]のある」という意味ですね。食べるのがちょっと怖いですね。見た目はおはじきのような派手なカラーリングです。

『マイコス』 オリオン

電子たばこのiQOS(アイコス)をもじったパロディ商品です。アイコスとなぜか舞妓さんを掛けてマイコスになっているようですね。英語で書くとmyQOSです。現在発売されている版ではmyCOSになっています。iQOSとより間違えにくいようにらしいです。メンソールということで、強烈なミント味です。脳天直撃ミント味らしいです。

『ソフビヒーロー仮面ライダー』バンダイ

仮面ライダーのソフビ人形が入った食玩です。約11cmの大きなソフビ人形が一体入っています。仮面ライダーの番組に合わせて発売される食玩ですね。腰と腕が動きます。着色も細かくされていてキレイですね。最近の食玩のレベルの高さには驚かされますね。ラムネは四つ葉のクローバー型の乾式ラムネが一粒だけ入っています。

『カラフルファンタジー』ワンダーランド

シンプルなラムネ味です。レモンラムネに似た感じの、懐かしい素朴な味です。こういう子供の頃に駄菓子屋さんで食べた感じのラムネが好みなのでとても嬉しいです。形はレインボーラムネのような鈴型です。食感は柔らかいです。口の中でほろほろと溶けてゆくの心地よいです。とても美味しいですね。

『トーマスもこもこカップパフェ』ハート

機関車トーマスのカップが入っています。牛乳で作る手作りお菓子です。付属の「パフェのもと」と「モコモコの粉」を牛乳と混ぜると泡がもこもことしたパフェが作れます。フルーチェのラムネ味があったらこんな感じかなと思います。子供が喜びそうな味で意外とおいしいです。

『乳酸菌チャージタブレッツ』カバヤ食品

カバヤのタブレッツシリーズです。乳酸菌・オリゴ糖・食物繊維を摂取できる機能性のあるラムネです。乳酸菌は生きて腸まで届くタイプです。カバヤは機能性ラムネに力を入れているようですね。ヨーグルト味のタブレットです。キャンディチップが練り込まれています。大きなラムネですが、食感が途中で変わるので飽きずに食べられますね。

『勇者バブリッシュの挑戦ラムネ』コリス

RPG風のパッケージデザインですね。ドット絵の勇者が書かれています。コマンド方式のウィンドウがドラゴンクエストみたいですね。敵はラムネのようです。一度に食べられたラムネの粒数でレベルアップするそうです。錠剤のような形のラムネです。15粒ほどいっぺんに食べてみましたが、口の中が泡だらけになって大変でした。

『小梅ラムネ』ロッテ

小梅キャンディの香りがします。この香りを嗅ぐとなぜか懐かしさを感じますね。3.5倍濃縮梅果汁パウダーを0.08g使用していますので、生果汁換算すると1%相当になるそうです。微発泡仕立てになっていて食べるとシュワシュワします。甘ずっぱさとシュワシュワ感が良い感じですね。シュワシュワ感のおかげで、後味がスッキリします。

『トムとジェリーラムネ』クリート

トムとジェリーがパッケージデザインになった5連吊り下げタイプのラムネです。トムとジェリーは子供の頃にテレビでよく見ていました。1袋8g入りです。レモン味、オレンジ味、グレープ味のアソートです。大きさや形はクッピーラムネと同じですね。ラムネは酸味のあるシンプルなフルーツ味です。

『ハイチュウ ソーダ&コーラ』森永製菓

ソーダとコーラ味のハイチュウです。中にラムネが入っているのが特徴ですね。ラムネは森永ラムネをひと回り小さくしたくらいの大きさです。ハイチュウ一粒の中にラムネが3粒ほど入っていてハイチュウの形がでこぼこになってしまっていますね。ハイチュウの食感とラムネの食感が全然違いますので異質な組み合わせが面白いですね。

『とろけるねラムネ』ノーベル

とろけるラムネではなく、とろける"ね"ラムネです。口どけの良さを追求したラムネです。ふわっと固められています。ちょっと力を入れて持つと崩れてしまうほどですね。「とろ~と口どける至福のラムネ」という煽り文句気になりますね。オレンジ味・ぶどう味・メロン味・白桃味の4種類のアソートです。

『かわいいタテブエ』ウィード

サンリオのキャラクターがパッケージに描かれたリコーダー型の食玩です。実際に吹くことができます。穴は表側に6個空いています。裏側は穴無しです。穴を塞いでも音が殆ど変わらないのですよね。笛の中にラムネが入っています。笛を分解すると取り出せます。ハローキティ、シンカンセン、ジュエルペットの3種類あります。

『ミックスラムネ』安部製菓

安部製菓のラムネは変にイガイガしないので食べやすいです。大きなラムネと小さいラムネが入っています。甘みと爽やかな酸味が特徴的です。柔らかくてさらっと溶けていきます。卵・乳・小麦・そば・落花生・えび・かにを使っていない製品ですので、お子様にも安心して与えられますね。

『ミンツトリオ』オリオン

梅ミンツの姉妹品のミンツです。ブルーベリー味・ピーチ味・パイナップル味の3種類の味があります。トリオというからには、3種類で固定なのでしょうか?将来的に種類が増えたらカルテット、クインテット・・・と変動するのかもしれませんね。容器は梅ミンツと同じです。ミンツのサイズも同じです。

『星のカービィ ぷっちーラムネ』タカラトミーアーツ

任天堂とのコラボ商品です。星のカービィにちなんだ星型のラムネケースが付属しています。カービィは丸いイメージなのですが、名前に星と付いていますので星型なのでしょうね。ボールチェーンが付いていますので、食べ終わったあとはキーホルダーとして使えますね。ピーチミント味という珍しいフレーバーです。

『手作り玉ラムネ』灘商事

レインボーラムネ風のラムネの一つです。手作りとなっていますが、きれいな鈴型ですね。白色・黄色・ピンク色・水色の4色です。 白色はノーマルなラムネ味、黄色はアップル味、ピンク色はピーチ味、水色はサイダー味のようです。イコマ製菓のレインボーラムネは4色ともピーチ味ですが、色で味が違う点はこちらのほうが良いですね。

『Mr.ブラバー フィジーボンボンバッグ』エイム

ドイツの菓子メーカーEichetti(アイヘッティ)のラムネです。Mr.ブラバーは同社のキャラクターです。FIZZYは英語でラムネ菓子、BONBONはキャンディの意味ですね。四角いラムネが入っています。噛み砕いて舐めていると爽やかな刺激が楽しめるラムネ菓子です。シュワシュワしますね。味付けが外国の菓子っぽいです。

『プリキュア うらないコロリン』ハート

プリキュアシリーズの食玩です。ハンドルを回すとラムネが出てきます。パチンコ型と呼ばれる食玩の形態です。ハート型のクリスタルのようなカットがされた容器でキラキラとしていてきれいです。ラムネは糖衣タイプです。パステルカラーの小さいラムネがたくさん入っていてかわいらしいですね。色で占いができるようになっていますね。

『ドデカミンタブレット』アサヒグループ

栄養ドリンクのドデカミンのタブレットです。パッケージはドデカミンと同じ感じです。炎がエネルギーを感じさせますね。味や香りはドデカミンとそっくりです。シュワシュワとした発泡感があります。あまり強い発泡感ではありませんが、栄養ドリンクっぽくて良いですね。小袋タイプと大袋(BIGサイズ)があります。

『デカビタCタブレット』ロッテ

炭酸飲料のデカビタCのタブレットです。デカビタCの発泡感と爽やかな味わいをイメージしています。ロッテとサントリーのコラボ商品ですね。ドリンクのデカビタCと近い味がします。口の中に入れるとプチプチとした発泡感があります。泡々になるほどではありませんが楽しいですね。噛み砕くとより発泡感が楽しめますね。

『のどラムネ』カバヤ食品

のど飴ではなく、のどラムネです。のどに良いラムネというのは珍しいですね。これからはのど飴じゃなくて、のどラムネが定番になるかもしれませんね。蜂蜜・キンカン・カリンエキス配合のキャンディチップがラムネに入っています。キャンディチップが練り込まれているので、途中で食感と味に変化があり食べ飽きません。

『笛ラムネ』無印良品

笛ラムネと言えばコリスのフエラムネが有名ですが、それと見た目は全く同じ大きさの笛ラムネです。笛ラムネなので、もちろん吹けば音が鳴ります。音もコリスのフエラムネと同じですね。ソーダ味・いちご味・ぶどう味のアソートです。3種類の味が楽しめて嬉しいですね。

『カラフルラムネ』リアライズプラニング

レモンラムネに似た感じのシンプルな味のラムネです。こういう子供の頃に駄菓子屋さんで食べた感じのラムネが好みなのでとても嬉しいです。形はレインボーラムネのような鈴型です。最近はレインボーラムネが人気ですので球状のラムネが増えてるようですね。食感は柔らかくて、口の中でほろほろと溶けてゆくのが心地よいです。

『果実ラムネ』カバヤ食品

ラムネの老舗であるカバヤの本気を感じるラムネです。とてもおいしいです。いちご味とブルーベリー味のアソートです。合成着色料が不使用で淡い色合いがかわいらしいです。フリーズドライ果実が使用されています。不自然な果実感が無くて嬉しいです。ふわっとしたと柔らかさが程よいです。口の中でほろほろと溶けていきます。

スポンサーリンク