maki一覧

『乳酸菌タブレット すみっコぐらし』早川製菓

すみっコぐらしは2019年には映画化もされた人気のキャラクターですね。まだまだ息長く続きそうですね。ヨーグルト風のタブレットです。乾式ラムネと湿式ラムネの間ぐらいの固さです。舐めているとホロホロと崩れてきます。味はヨーグレットとはかなり違いますね。1袋に乳酸菌が100億個入っています。

『エナジーハンタータブレット』イオン

エナジーハンターはトップバリュブランドで初となるエナジードリンクですがそのタブレットです。ほとんど固さはなくて口の中でス~と溶けていきます。オレンジ色のツブツブがラムネの中に見えますが何でしょうか?アルギニンが大量に入っています。レッドブルの倍ぐらい入っています。すごい多いですね。

『梅ミンツ』無印良品

オリオンの梅ミンツよりも一回り大きいですね。オリオンのウメミンツと比較すると無印良品の梅ミンツのほうが一回り大きいですね。迫力があります。紀州産の梅を使用しています。甘酸っぱくておいしいです。ミンツはザラザラっと口に流し込んで食べるのが気持ちいいね。

『ラムネ餅』ローソン

以前紹介したローソンのラムネ餅が数量限定で復活しました。製造元も同じく久保田製菓有限会社です。8個入です。以前は6個入りでしたので2個増えましたね。マシュマロとラムネペーストを包んだラムネ味のわらび餅です。すごいふわふわしています。表面にでん粉がまぶしてあるので手がベト付かなくて食べやすいですね。

『きな粉らむね』黄金糖

和三盆と国産大豆のきな粉で作られている和菓子のようなラムネです。きな粉がふわっと香っていいですね。まるで安倍川餅のようです。食欲が湧く香りですね。贅沢に和三盆糖が使われていますので、上品な甘さですね。柔らか目のラムネです。噛まなくてもホロホロと崩れて溶けていきます。

『ラムネバー』森永製菓

ラムネ入りアイスキャンディーです。四角い形ですね。アイスは二層構造になっています。外側は爽やかなソーダアイス、内側は優しい甘さのソーダクリームです。さらにラムネ入りです。ラムネは森永ラムネと同じものですね。ラムネがそのままゴロゴロと入っています。数は不明ですが、結構たくさん入っている感じです。

『お供えラムネ』綱木製菓

お供え用のラムネです。一般的にはお供えの干菓子には落雁が多いと思いますが、これはラムネですね。八角形の立派な容器に入っています。蓮の花の形をしたラムネと、半球のラムネが入っています。落雁と同じ木型で作られています。子供の頃に食べたラムネに似た味です。当て物のラムネで引いたラムネを思い出します。

『ラムネアイスバー』シャトレーゼ

ラムネ粒入りのアイスです。シャトレーゼで販売しているラムネアイスバーに入っているラムネは赤・青・白の3色でカラフルですが、セブンイレブン版のラムネは白一色ですね。ゴロゴロとラムネが入っています。クリーミーなラムネ味のアイスです。滑らかな氷ですね。外側も固くないので、簡単にかじれて歯がキーンとしないのもいいですね

『クッピーラムネプラス』菓楽

クッピーラムネにカルシウム、カリウム、マグネシウム、クエン酸をプラスした商品です。だからクッピーラムネプラスというようですね。ぶどう風味の優しい味付けです。塩分ゼロですが、カリウムやマグネシウムが入っているからか少し塩気を感じますね。酸味や甘味はほとんどないラムネですね。

『トロピカルクッピーラムネ』カクダイ製菓

春夏限定商品のパイン味とマンゴー味のクッピーラムネです。パイナップルとマンゴーの果汁入りです。果汁入りのクッピーラムネはとても珍しいですね。直径1cmくらいの一番定番なサイズのクッピーラムネです。7gずつ小分けにしたものが14袋入っています。パイナップルとマンゴーの果汁が使われているので、香りが良いですね。

『フエラムネ 星人コーラ』コリス

フエ星人がパーティーで飲むコーラ味と言われても全然想像ができませんがフエラムネの普通のコーラ味と同じ味ですね。フエ星人型のおまけが入った食玩です。顔がフエラムネのようになっていて、丸形で穴が空いていますね。なんと、フエラムネのように吹けば音が鳴ります。フエ星人は6種類いますが、みんなパーティ好きらしいです。

『ミニコーラ氷』シリーズ オリオン

オリオンのミニコーラとミニサワーのかき氷版です。パッケージもそれらをイメージしたデザインですね。色合いと波線がオリジナルのラムネをイメージさせますね。中にはミニコーラとミニサワーのラムネがそのまま入っています。かき氷のカップアイスは夏の定番商品ですね。ぜひアイスフロート版も出してほしいところです。

『小彩の塩タブレット』ロッテ

ロッテのキャンディのキャラクターというと小梅ちゃんが有名ですが、今回は小彩ちゃんが主役ですね。小梅ちゃんの従姉妹は4人いるそうです。塩気のあるレモン味です。ビタミンCとクエン酸が摂取できますし、ひんやり感もありますので、夏の暑い時分にはちょうどよいですね。大き目のラムネですね。

『カルピスタブレット 大人のミルクテイスト』アサヒグループ食品

濃いカルピスのような味わいです。カルピスを牛乳で割ったようなミルクの風味が良いですね。アサヒグループ食品からは「カルピスタブレット」も販売されています。大人のミルクテイスト味のほうは通常のカルピスタブレットと比べて、一粒当たり重量が1.2倍あるそうです。食べごたえがありますね。

『マックシェイク 森永ラムネ』森永製菓

森永製菓の森永ラムネとコラボしたマクドナルドのマックシェークです。薄緑色のシェークが涼しげでいいですね。爽やかなラムネ味です。でも森永ラムネは入っていません。Sサイズのみ「森永ラムネ」のパッケージと同じ爽やかな水色の数量限定オリジナルカップで提供されます。この点は要注意ですね。

『パインアメラムネ』パイン

パインアメの製造元のパイン株式会社製のラムネです。パインアメ味のラムネは他社からも販売されていましたね。満を持して本家本元の登場ですね。形はパインアメのように穴が空いているわけではありません。この点はちょっとあてが外れましたね。味はまさにパインアメです。パインアメを食べているような気分になります。

『パブロンのおいしいビタミンタブレット』大正製薬

風邪薬で有名なパブロンのラムネです。風邪薬ではなくて栄養機能食品ですね。ビタミンB2・B6・C、乳酸菌が配合されたタブレットです。ビタミンCのタブレットの定番でレモン味ですね。あまり酸味がなくて食べやすいです。でも、1日当たりの目安は2粒と記載されていますので、食べ過ぎは良くないみたいですね。

『吊り下げおくすりやさんカプセルラムネ』 オリオン

どこかで見たことがあるような商品名をダジャレにしたパッケージです。オリオンはこういうジョーク菓子が得意ですね。パッケージデザインは12種類です。そのうちの10種類が選ばれて10連吊り下げになっています。なんとなく全部見てみたいですよね。カプセル錠のような形の糖衣ラムネが入っています。

『シュガーレスタブレット レモン』無印良品

レモンの形をしたタブレットです。表面のつぶつぶまで再現までされている凝りようです。なんとなく海外のラムネっぽさを感じますが、見た目が可愛らしいですね。砂糖不使用です。砂糖の代わりに甘味料としてソルビトールなどが使われていますね。

『カラフルラムネ瓶』トモエ物産

ちょっとレトロな感じのガラス瓶に詰められたラムネです。ラムネ瓶というよりは、牛乳瓶のような形ですね。レインボーラムネ風ラムネです。グラニュー糖から作られたタイプのラムネですね。白・ピンク・水色・黄色の4色の取り合わせです。色ごとに味が違いますね。ラムネ味、アップル味、ピーチ味、サイダー味です。

『ルンルン!自動販売機』ハート

自動販売機型の食玩です。上部の投入口のフタを開いてミンツを3箇所に投入します。前側のドリンクのボタンを押すと、お菓子口から一杯分のミンツが出てきます。かなり凝った作りの食玩ですね。第2段まで販売されています。中に入っている缶容器のデザインが1と2で若干違いますね。2のほうが少し洗練された気がします。

『ハローキティ トロピカルミンツ』オリオン

オリオンとハローキティとのコラボレーション商品です。パッケージにハローキティが描かれている程度で、あまりコラボ感はありませんね。イチゴ・パイン・キウイの3種類の味のミンツです。wikipediaによると、ドリアン、マンゴー、マンゴスチンを3大トロピカルフルーツと呼ぶそうです。一つも含まれていませんね。

『カジリッチョ フエラムネ&ソーダ ソフトキャンディ』コリス

カジリッチョとフエラムネとのコラボ商品ですが、音は鳴らないです。どちらもコリスの商品ですね。フエラムネのほうが有名でしょうか。ベースはカジリッチョです。内側はフエラムネソーダ味のソフトキャンディです。細長い2層タイプのソフトキャンディですね。パウダーましましだそうです。

『シュガーレスタブレット スーパーミント』無印良品

歯磨き粉のような強烈なミントの香りがするタブレットです。砂糖不使用で甘さは控えめです。ミントのクール感がすごいですね。食べると口の中がとてもスースーします。ミント味の好きな人にはたまらないかもしれませんね。ミントが苦手な人にはちょっと無理かもしれない強烈さです。

『まんまるラムネ ドリンクアソート』ノーベル

まんまるラムネのドリンクアソート味です。コーラ味、メロンソーダ味、レモンスカッシュ味、ラムネ味の4種類が入っています。大きいので口の中でゆっくり溶けていきます。噛むとほろほろと崩れます。長く味わえて良いですね。レインボーラムネと似た形ですが、レインボーラムネよりも綺麗な丸形ですね。

『龍角散ののどすっきりタブレット』龍角散

のど飴で有名な龍角散のラムネです。龍角散のハーブパウダーを練り込んだタブレット型です。ハーブパウダーはカミツレ、カリンを主成分としているそうです。キシリトールで作られたシュガーレスです。ウォータリングフレーバー配合されているので食べると口の中が潤いますね。さらに清涼感が広がるマイクロビースが配合されています。

『レインボーラムネミニ ソーダ味』UHA味覚糖

レインボーラムネミニの新味ですね。長らくレインボーラムネと言えばピーチ味しかありませんでしたが、この度満を持して新しくソーダ味を投入したということですね。色は白・水色・紫・緑の4色です。どの色も同じソーダ味です。爽やかな甘みのあるソーダ味です。食べた後のスーッとする清涼感がありますね。

『ニッキ貝』西八製菓

本物の貝の中にニッキ飴を詰めた駄菓子です。この貝はハマグリでしょうか?戦前からある駄菓子です。とても歴史がある駄菓子ですね。フタの方の貝殻を回転させるようしてニッキを削って食べるようです。意外ですが貝殻を使うと食べやすいです。黒砂糖の甘さとニッキの辛さのバランスが良い感じでおいしいです。

『ゴーゴーラムネ』チーリン

プチラムネの笛の穴がシールで塞がれた商品です。見た目は小さな違いですがこれが税率的には大きな違いになりますね。ほかはプチラムネと全く同じ商品です。見た目はシールを大きくして穴を塞いであるだけですが、メーカーの対応は大変だったでしょうね。シールなので当然はがせます。今年を象徴する勝手にラムネ・オブ・ザ・イヤー2019

スポンサーリンク