『a piece of 時間を溶かす 静かのラムネ』cineca

静かのラムネ

cineca(チネカ)の「a piece of 時間を溶かす 静かのラムネ」です。

cinecaは映画を題材にしたお菓子を製造しているメーカーです。
独特な物語性のあるお菓子を幾つも作っていますね。
思わず買ってしまい、話題にしたくなりますね。

このラムネは「潜水服は蝶の夢を見る」という映画から着想を得たお菓子のようです。

静かのラムネ

「なにかのかけら
かたちをころころかえながら
ちきゅうをぐるぐるしている
ふしぎなかたまりは
ときにいたくもやさしくも

born from 潜水服は蝶の夢を見る」

小石にそっくりです

静かのラムネ

まるで石ころのような見た目のラムネです。
本物の小石と並べてみました。

右側が静かのラムネです。
さすがに並べて比べるとどちらが本物かわかりますね。

それでもかなり似せてあると思います。

静かのラムネ

ちなみに裏側もそれなりに小石っぽいですね。

現代的なアプローチ

伝統的な和菓子の落雁や葛菓子は、花や貝などを文様化した木型で成形されています。
ぱっと見てそれがモチーフと分かるようなデザイン化された形ですね。

この「a piece of 時間を溶かす 静かのラムネ」はそれとは方向性が異なり、実物を忠実に再現しています。現代的なアプローチですね。細かな色の変化や黒い点が石そっくりでリアルです。

石ころを食べてみようという感覚はありませんでしたが、こういう試みをするのも大人の余裕かもしれませんね。

海・山・川の3種類のフレーバーがあります。
それぞれをイメージしたハーブなどで香りづけされています。

フレーバーごとに石の趣が異なるところも面白いです。
下で順番に紹介しています。

湿式ラムネです。
一箱8粒入りです。

sea 海

静かのラムネ

静かのラムネ

「海から吹く風はローズマリーの思い出とともに」

神社の境内に敷かれているお白石のようです。

ローズマリーのフレーバーです。
とても爽やかな香りです。

ラムネには珍しいですが、塩が入っています。
これも海水をイメージした味付けなのでしょうね。

見た目は小石ですが、食べても固くはありません。
口に入れるとシュッと溶けていき、ローズマリーのフレーバーが鼻に抜けていきます。

静かのラムネ 静かのラムネ

mountain 山

静かのラムネ

静かのラムネ

「強く根ざす土の香を生姜に」

土を掘るとゴロゴロと出てくる黒っぽい石のような趣です。

ショウガのフレーバーです。
強い生姜味で目が覚めます。

小石とこのラムネを比較した後に食べると、一瞬どちらがラムネでどちらが石かわからなくなりました。
思い切って噛んでみると砕けて口の中に鮮烈な生姜フレーバーが広がります。

静かのラムネ 静かのラムネ

river 川

静かのラムネ

静かのラムネ

「川沿いに咲き乱れる はかない夢の桜」

河原に落ちている小石のような模様です。

サクラのフレーバーです。
鼻に近づけると、桜餅のようなほのかな桜の香りがします。

食べてみるとより桜の風味が増して、まるで桜餅を包む桜の葉の塩漬けのようです。
塩っぱいラムネですね。

花見の季節に桜を愛でながら戯れに小石のようなラムネを食べるのも乙かもしれませんね。

静かのラムネ 静かのラムネ

cinecaの他商品の紹介

静かのラムネを買った際に、他商品のパンフレットが入っていましたので、ご紹介しておきます。
発想が面白い商品ばかりですね。

cineca cineca

  • 甘い標本
  • ネコ気分なクッキー
  • きょうをいろどるジンジャークッキー
  • 記憶のかけら 積もるプラリネ
  • 拾い集めたプレッツェル
  • はじまりのタルトレット

ラムネ情報

sea 海
品名砂糖菓子
原材料ブドウ糖、コーンスターチ、米粉、
クエン酸、ローズマリー、塩
内容量25g
mountain 山
品名砂糖菓子
原材料ブドウ糖、コーンスターチ、しょうが、
クエン酸
内容量25g
river 川
品名砂糖菓子
原材料ブドウ糖、コーンスターチ、砂糖、
クエン酸、桜パウダー、サクラエッセンス
内容量25g
製造者東京都江戸川区南小岩7-19-22
cineca(チネカ)
Cineca チネカ ものがたりのあるお菓子
スポンサーリンク

もしよろしければシェアお願いします

毎週更新です、フォローお願いします

ランキングに参加しています。もしよろしければ投票おねがいします。
にほんブログ村 スイーツブログ 駄菓子・駄菓子屋へ