明治の駄菓子年表

明治時代の駄菓子の歴を年表にまとめました。今でも残っている駄菓子やおもちゃがこの時期に発明されていますね。明治12年「西洋形短銃」玩具登場、明治41年 兵庫県明石郡の一柳譲二「アイスクリーム煎餅(コーンカップ)」実用新案、明治42年 東京都浅草区の山田由吉「知恵の友(知恵の輪)」実用新案など

『しゃりしゃりらむね』青木光悦堂

名前に「しゃりしゃり」と付いている、しゃりしゃりラムネです。2個づつ個包装になっていて、包紙が可愛らしいです。食べてみると、さらっと口の中で溶けて最後にしゃりしゃりとした食感が残りますね。ちょっと甘めで酸味は少ないです。美味しいですね。片側が凹んでいるのは、手作りだからです。

『やおラムネ』ミサキコーポレーション

やおラムネが気になったので購入してみました。注文が1kg単位でしたのでどうしようか非常に迷ったのですが、ラムネ好きなので買ってしまいましたが、やっぱりちょっと多いかも。。。ドーナツのような形をしていますね。穴が開いているラムネというとフエラムネを思い出します。でも、フエラムネとは味も食感も異なります。

自己紹介

はじめまして! このページを作成しているマキです。 ラムネが大好きです。スーパーマーケットや駄菓子屋さんでラムネを見かけるとつい買っ...

スポンサーリンク