『レインボーラムネミニ』UHA味覚糖

レインボーラムネミニ

UHA味覚糖の「レインボーラムネミニ」です。

入手が困難で幻のラムネと呼ばれることもあるレインボーラムネをミニサイズにしたラムネですね。

イコマ製菓のレインボーラムネは入手が難しいために、幻のレインボーラムネとも呼ばれています。 欲しい人は沢山いるのですが、製造が追いつかない...

イコマ製菓との共同開発

レインボーラムネのイコマ製菓とUHA味覚糖が共同開発した商品です。

イコマ製菓は奈良県生駒市にあり、UHA味覚糖の工場は奈良県大和郡山市にありますので、奈良県つながりで共同開発することになったのでしょうか。

イコマ製菓のレインボーラムネは近年人気が高まっていて、需要に供給が追いついていない状態でしたので、イコマ製菓にとっても渡りに船だったのかもしれませんね。
小さい工場で手作りしているので、これ以上を生産するのは無理っぽかったですね。

ミニサイズのレインボーラムネです

レインボーラムネミニ

見た目はレインボーラムネを小さくしたラムネです。
原材料はほぼ同じです。

レインボーラムネミニ

レインボーラムネと並べて比較してみました。
色もレインボーラムネ同様に、白・黄・ピンク・青の4色です。
ちょっと歪な形が混じっているところもレインボーラムネっぽいですね。

味と香りは全部ピーチです。
これもレインボーラムネと同じですね。

ちなみに、レインボーラムネ風のラムネはたくさんありますが、色は同じ4色なのになぜか味は色によって変えてあるのですよね。
そこはレインボーラムネとは違うという主張なのかもしれません。

株式会社MDホールディングスのカラフルラムネです。 MDホールディングスは関西の菓子卸業界でトップの業績を誇るそうです。 あまり意識...

レインボーラムネミニの食感はレインボーラムネにそっくりです。
さすがにイコマ製菓が監修しているだけのことはありますね。

口の中でゆっくりと溶けていく感覚が良いです。
大きさが小さくなっているので少しギュッと詰まっている感じがしましたが、個人的にはこちらのほうが好みです。
食べやすいです。
レインボーラムネは大きいので、こちらのほうが食べやすくていいですね。

需給が改善するかも

今は変にプレミアムがついた値段で取引されたり、抽選になったりと、レインボーラムネの入手は困難ですね。
ですが、今後もこの商品が継続的に販売されるとすれば、レインボーラムネの需給が改善しそうですね。
いつしか幻のラムネとは呼ばれることはなくなり、いつでも欲しい時に買えるようになるといいですね。

レインボーラムネミニ

ラムネ情報

名称清涼菓子
品名レインボーラムネ ミニ ピーチ味
原材料名砂糖、澱粉(とうろこし(遺伝子組換えでない))、
デキストリン/酸味料、増粘安定剤(アラビアガム)、
香料、着色料(黃4,赤106,青1)
内容量40g
栄養成分表示1製品(40g)あたり
エネルギー152kcal
たんぱく質0g
脂質0.1g
炭水化物38.7g
食塩相当量0g
販売者UHAピピン株式会社
〒540-0016
大阪市中央区神崎町4番12号
製造所味覚糖株式会社
〒639-1031
奈良県大和郡山市今国府町137-5
スポンサーリンク

もしよろしければシェアお願いします

毎週更新です、フォローお願いします

ランキングに参加しています。もしよろしければ投票おねがいします。
にほんブログ村 スイーツブログ 駄菓子・駄菓子屋へ