『ニコニコラムネ』東京ニコニコラムネ製菓本舗

ニコニコラムネ

東京ニコニコラムネ製菓本舗のニコニコラムネです。
箱の外書きには新初恋加糖れん乳.ラムネ特大大30とも書いてあります。
一般的にはニコニコラムネと呼ばれていますね。

しっかりとしたセロファンに包まれています。
子供の頃に食べた、当てもののラムネの味に近いです。

当てものには「連続当て」と「大当て」というのがありました。
「連続当て」は当りが出たらもう一個もらえるタイプです。このタイプのくじが付いているお菓子は今でもありますね。
「大当て」は当りがでたら豪華なお菓子がもらえるタイプです。このタイプのくじはもう絶滅寸前です。大当ては対面販売が必要になりますので、駄菓子屋さんが減少している昨今では販売が難しくなり、製造されなくなったそうです。

私が子供の頃は、ラムネの大当てがありました。
当りが出たらすごい大きなラムネがもらえたんですよね。
はずれは小さいラムネです。
大きさが違っても味は同じなのですが、大きいとたっぷり楽しめますね。
端っこから少しづつ食べるのが楽しかったです。

ラムネの当てものはもうなくなってしまいましたが、似た味のラムネがまだ製造されていてとても嬉しいです。
amazonでも販売されていてとても便利です。

ピースラムネ系です

土棚製菓のピースラムネとよく似たラムネです。
形や大きさもピースラムネとほぼ同じです。
ピースラムネよりもほんの少しだけ大きくて薄いですね。
色は同じです。

ピースラムネ系のラムネはスッとした清涼感ではなくて、ほんのり甘酸っぱい味ですね。
これは粉砂糖と酒石酸を使って作っているためです。
一般的なラムネはブドウ糖とクエン酸を使用していますね。
ピースラムネ系は大変珍しいです。

加糖練乳が含まれているせいか、ピースラムネとは味や食感がやや異なります。
ピースラムネよりも少し薄味で軽いですね。

こちらのほうが少ししっかりしているせいか、少しだけ溶けるのが遅くて口に入れてもすぐには溶けません。
溶け始めると一瞬ふわっと膨らむような食感がしてから溶けていきます。
ピースラムネは舌に乗せるとすぐに溶け始めて、雲のように溶けていきます。

ニコニコラムネニコニコラムネ

ニコニコラムネニコニコラムネ

ニコニコラムネ

ラムネ情報

名称ラムネ菓子
原材料名砂糖・コーンスターチ・加糖練乳・
酒石酸・香料・重曹・
酸化防止剤(無水亜硫酸)
製造元東京ニコニコラムネ製菓本舗
代表責任 伊藤俊雄
東京都葛飾区新小岩3-10-19
スポンサーリンク

もしよろしければシェアお願いします

毎週更新です、フォローお願いします

ランキングに参加しています。もしよろしければ投票おねがいします。
にほんブログ村 スイーツブログ 駄菓子・駄菓子屋へ

コメント

  1. ドン より:

    世界で一番美味しい、子供の頃から食べています。 大好き!
    ズットこのままで 作り続けてほしいです!

    • maki より:

      ドンさん、コメントありがとうございます。
      ニコニコラムネはおいしいですよね。
      子供のころに食べたラムネの味です。