『プチラムネ』チーリン

少し変わった形の容器に入っています。これは実はフタが笛になります。パッケージには笛になる事は何も書かれていないので、もしかすると気が付かなかった人もいるかもしれませんね。いちご・夏かん・青りんごの3種類があります。森永ラムネを二回りくらい小さくした大きさのラムネが入っています。

『プリパララムネ』カバヤ食品

アニメ「プリパラ」のラムネです。グレープ味のタブレット型ラムネが入っています。ラムネにはキラキラキャンディーチップというピンク色の細かいキャンディが混ぜ込まれています。食感が変わって楽しいです。キャラクターシールが一枚ずつおまけに付いています。おまけシールは全部で10種類です。

『オモローボトル』 オリオン

ボトル容器をモチーフにしたミニスケール菓子です。パロディ商品です。オモローボトルという商品名がコテコテの大阪感を出しています。すでに廃盤になってしまいました。大人気だったのに泣く泣く廃盤という事情が気になりますね。中身は顆粒状のラムネが入っています。酸味は少なくて、甘くてふわふわとしていておいしいです。

『クッピーわらび餅』みかわ大国堂

クッピーラムネのカクダイ製菓とのコラボ商品です。みかわ大国堂は「クッピーのミルクプリン」も製造しています。ひと目でクッピーラムネ関連とわかります。カクダイ製菓が開発したクッピーラムネパウダーが添付されています。わらび餅はクッピーラムネの味はしません。クッピーラムネの部分はパウダーに任せてあるようですね。

『瞬足コレクション』カバヤ食品

アキレスのシューズブランド「瞬足」という靴の模型がおまけの食玩です。食玩の出来がすごいです。靴裏までちゃんと再現されています。さらに靴箱まで付いています。靴は全5種類、3カラーバリエーションあります。ラムネは6粒しかはいっていないのです。でもラムネは美味しいです。

『ヨーグレット』シリーズ 明治

このシリーズには「ヨーグレット」「ハイレモン」「コーラパンチ」があります。以前は他の味もありましたが廃盤となり現在販売されているのはこの3種類です。シートから錠剤みたいなラムネを取り出すのが薬を取り出すみたいでワクワクしますね。明治製菓は実際の薬を梱包する技術を持っており、それを転用して製造し始めたそうです。

『セブンネオン』(マンボ菓子) 丸義製菓

マンボ菓子(通称マンボ)と呼ばれる駄菓子の一つです。中部地方ではポピュラーですが他地方では知名度が低いようです。丸義製菓からは数種類のマンボ菓子が販売されています。マンボ菓子はポリエチレンのチューブに酸を抜いたラムネ状のもの(コーンスターチ)を詰めた棒状の駄菓子です。チューブを歯でこすようにして食べるのが一般的です。

『ラムネわらび餅』明日香食品

ラムネ味のしゅわしゅわパウダーが付いているわらび餅です。2016年7月からは西日本でも販売されるようになりました。レモンの酸味をわずかに感じて清涼感があっておいしいです。わらび餅にしゅわしゅわパウダーを付けると、清涼感が増します。粉をつけたりつけなかったりと、変化があって楽しいです。

『たまラムネ』伊藤軒

イコマ製菓のレインボーラムネにそっくりなラムネです。大きさや形はほぼ同じです。色も白・ピンク・青・黄の4種類と同じです。味はラムネ味、ピーチ味、りんご味、サイダー味の4種類です。パッケージの説明書きによると、しゃぼん玉のようにすうっと消える口溶けの良いラムネですね。

『くちどけラムネ』春日井製菓

2017年にリニューアルされました。以前はミニストップ限定商品でしたが一般販売になりました。リニューアル後はグレープとレモンの2種類の味になりました。クッピーラムネを一回り大きくしたような形です。フルーツの香りと酸味があります。ちょっと喉がイガイガっとします。これが春日井製菓のラムネらしさですね。

『ウイダーinタブレット塩分プラス』森永製菓

森永製菓株式会社とアメリカ・ウイダー社は1983年に提携しました。スポーツや仕事で汗をかいた時の塩分補給ができます。合わせてビタミン8種類、クエン酸と、汗で流れ出やすい塩分、カルシウムが補給できますので熱中症予防に良いです。個包装になっていて携帯に便利なので、カバンに入れておくといざというときに役立ちそうですね。

『ちびっこみかん』 オリオン

みかん型の容器に入ったミンツです。冷凍みかんをモチーフにしたスケール菓子のひとつです。みかんの表面の凹凸まで作られていて、素晴らしいです。ちょっと捨てるのもったいないぐらいです。一番上のみかんが外れます。中にオレンジ色のミントが入っています。爽やかな柑橘系の酸味がおいしいです。

『健康ラムネ』キッコーマン

キッコーマンの無炭酸シリーズと呼ばれている豆乳飲料の一つです。このシリーズには他に健康コーラ、ジンジャーエールがあります。ラムネ味の飲み物というと飲む方のラムネをイメージして作ったのかなと思いますが実は食べる方のラムネをベースに作られたそうです。香りは飲み方のラムネっぽいですが味は駄菓子っぽいのはそのせいですね。

『a piece of 時間を溶かす 静かのラムネ』cineca

cinecaは映画を題材にしたお菓子を製造しているメーカーです。このラムネは「潜水服は蝶の夢を見る」という映画から着想を得たお菓子のようです。まるで石ころのような見た目のラムネです。細かな色の変化や黒い点が石そっくりでリアルです。3種類のフレーバーがあり、それぞれ石の趣が異なりますね。

『プレイマイク』マルタ

カラオケのマイクのような容器に入ったラムネです。昔のアイドル歌手が子どもの頃に、このようなマイク型のおもちゃで歌の練習をしていたという話を聞いたことがあります。今の子ども達も同じようなことをするのでしょうか。マイクの中にはちゃんとラムネが入っています。

『塩分チャージタブレッツ』カバヤ食品

熱い日やスポーツ・や肉体労働の際に塩分が補給できる製品です。夏が近づいてくると塩分を補給できるこのような機能性ラムネの販売が増えます。背景には熱中症の増加傾向があるようです。炎天下を歩くときや、運動の前後や運動中は常にポケットやカバンに入れておくと便利ですね。ラムネなのですぐ溶けて補給できます。

『スターラムネ』財家

小さな星形の乾式ラムネです。中に小さなキャンディが入っています。ポリポリとかじるとキャンディの甘さがラムネの酸味のアクセントになっておいしいですね。食感も楽しいです。映画館前によくあるお菓子の量り売りコーナーの定番菓子です。

『おはじきラムネ』愛松産業

おはじきラムネという名前のように平べったい形です。直径2~3cmぐらいの円形です。おはじきというにはちょっと肉厚なようです。中心部分も凹んでいます。これは打錠する際の跡です。ラムネを作る際には一般的に付くものですね。クッピーラムネの大粒版とよく似たラムネです。

『あわわわわぷっちょボールラムネ』UHA味覚糖

三層構造になっています。グミをセンターに、ソーダのハードキャンディ、炭酸油脂コートの三層構造です。表面に超炭酸コーティングという1mmほどの薄い層があります。真ん中の層はラムネキャンディです。中心に冷涼感ペーストが入っていま食べ終わってからもしばらく口の中がスースーします。

『ひやしゅわラムネ』扇雀飴本舗

しゅわしゅわラムネ・つぶつぶラムネ・ひやひやラムネの3種類のラムネキャンディーと、塩すいか味の大玉キャンディが入っています。おまけで入っている大玉キャンディは今年は塩すいか味ですが、りんごあめ味だったりパイナップル味だった年もありました。姉妹品にひやしゅわコーラもあります。

『ミニコーラ』シリーズ オリオン

まるでコカ・コーラを縮小したような形のプラスチック容器に入ったラムネです。スケールモデル駄菓子です。このミニチュア感が楽しいです。このシリーズはたくさんあります。発売から30年以上経っていますね。すごいロングセラー商品です。ぱっと見はコカ・コーラっぽいので、やはりコカ・コーラと係争になったそうです。

『カラオケマイクラムネ』コリス

小さなカラオケマイクの形をした容器にラムネが入っています。ちょうど子供の手に収まる大きさです。子どもがカラオケごっこをするのに使えそうです。容器の色は全部で5色です。アイドルのように自分のイメージカラーのマイクを選ぶと楽しいですね。ラムネはフエラムネと同じ味でサクサクしていて柔らかいです。

『パンチラムネ』ユウカ

パンチラムネという昭和感のある名前が良いです。110g入りの通常サイズと、400g入りの徳用サイズがあります。5粒ずつの個包装になっていて大きさはクッピーラムネぐらいです。ユウカのラムネは昔ながらのラムネで、王道感がありますね。調度良い甘さと酸味があってとても食べやすくておいしいです。この味が好きな人は多そうです。

『フルーツラムネの森』創健社

リンゴ、レモン、いちご、オレンジ、4種類のフルーツ味です。フルーツ果汁を25%使用しています。ブドウ糖ではなく北海道産のてんさい糖、コーンスターチではなく国内産の甘藷澱粉(さつまいも澱粉)を使用しています。香料も果実から抽出されたものです。素材にこだわって作られているラムネですね。大粒のラムネです。

『パステルラムネ』森永製菓

2016年4月26日発売のミニストップオリジナルの商品です。数量限定商品のため売り切れ次第終了です。ミックスフルーツ味は森永ラムネからは出ていませんので、その点がミニストップオリジナルですね。ピンク・水色・黄色の3色のパステルカラーなカラフルなラムネです。どの色も味は同じミックスフルーツ味です。

『はなかっぱとつくろう!やわらかラムネ』名糖産業

はなかっぱのラムネを手作りできるキットです。ラムネの粉と水を混ぜると簡単にラムネが作れます。各社からラムネ作成キットは発売されていますが、これが一番簡単かもしれません。こういう手作り菓子キットは楽しいですが、意外とおいしくないことがありがちですが、でもこのラムネはおいしいです。

『カンパイラムネ』チーリン

ジョッキ型のラムネです。泡型のフタが載せられています。容器は緑・黄・赤の3色あります。透き通っていて綺麗です。中のラムネの味は同じです。クッピーラムネより一回り大きいです。形はよく似ています。湿式ラムネです。ほどよい酸味があるシンプルなラムネです。奇をてらっていない味が良いです。

『ええもんラムネ』富久屋

クッピーラムネと同じくらいの大きさのラムネです。湿式ラムネです。綺麗な色をしてカラフルです。色ごとに少し味が違います。少し酸味が強いレトロなラムネです。酸っぱ目のラムネが好きな人には良さそうですね。

スポンサーリンク