『ミニコーラ』シリーズ オリオン

ミニコーラ

オリオン株式会社の「ミニコーラ」です。
この仲間はオリオンではミニシリーズという括りになっていてたくさんありますね。

小さい缶のような形のプラスチック容器に入ったラムネです。
このミニチュア感が楽しいですよね。

ミニコーラ

ミニコーラ

1978年(昭和53年)11月発売。

発売から30年以上経っていますね。
すごいロングセラー商品です。

オリオンはたくさんの商品を発売していますが、ミニコーラは3本柱のひとつだそうです。
ウィキペディアによると、売上No.1の商品らしいですね。

ミニコーラ

小さいラムネがたくさん入っています。
乾式ラムネです。

一粒ずつ食べるのではなく、まとめて食べるのが楽しいです。
おいしくてどんどん食べられるので、口の中に次々と放り込みたくなりますね。

コカ・コーラと係争

赤色のコーラと言えばコカ・コーラですね。
まるでコカ・コーラを縮小したようなパッケージです。
こういう駄菓子を「スケールモデル駄菓子」と呼びます。

ぱっと見はコカ・コーラっぽいので、やはりコカ・コーラと係争になったそうです。
しかしながら消費者が錯誤していないという判決が出て、オリオンの勝訴に終わったらしいですね。

懐かしのプルタブです

プラスチックのプルタブを引っ張って開封します。
昔の缶ジュースはこういう風にプルタブが缶と分離していましたよね。

現在の缶ジュースの主流は、プルタブが分離しないステイオンタブ式という方式です。

ミニコーラは昔懐かしの方式のままですね。

意匠登録されています

ミニコーラとミニサワーとミニオレンジのデザインはよく似ていますね。
2本の波線と星が特徴的です。

また、プルタブのように開封する容器も独特ですね。

ミニコーラ

このデザインは意匠登録されています。
登録番号は第566407号ですので、特許情報プラットフォームなどで検索すると登録内容を見ることができますね。

だがしかしで紹介されました

週刊少年サンデーで連載の「だがしかし」でミニコーラが紹介されました。
第4巻の第70かしがミニコーラの話です。

ミニサワー

ミニサワー

1979年(昭和54年)3月発売。

ミニコーラと同じデザインです。
背景が青くなって、Mini Sourと描かれています。

ミニサワー

少し酸味のある乳酸菌飲料みたいな味です。
食べ始めると止まらないですね。

ミニオレンジ

ミニオレンジ

1979年(昭和54年)3月発売。

ミニコーラと同じデザインです。
背景がオレンジ色になって、Mini Orangeと描かれています。

ミニオレンジ

絶妙な駄菓子感のオレンジ味でおいしいです。
少しの酸味が後味をスッキリします。
どんどん食べられます。

ミニピーチ

ミニピーチ

1984年(昭和59年)3月発売。

ミニピーチ

やさしいピーチ味です。
ピンク色の小さいラムネがかわいらしいですね。

ブルーベリーラムネ

ブルーベリーラムネ

1990年(平成2年)12月発売。

ブルーベリーガムのような香りと味がします。
ガムはすぐ味が無くなってしまいますが、ラムネは新しいのを食べればいつまでも味が楽しめてよいですよね。

ブルーベリーラムネ

商品名はラムネですが、名称は砂糖菓子です。

ミニフレッシュ

ミニフレッシュ

ミニサワーに少し似ていますが、こちらのほうがより乳酸菌飲料感があります。

ミニフレッシュ

私好みの味です。
いくらでも食べてしまいます。
この容器のサイズでは物足りないです。
もっと大きいサイズがあれば間違いなく買いますね。

リトル・チャロ ミニリンゴ

リトル・チャロ ミニリンゴ

リトル・チャロはNHKの英語番組のキャラクターです。
TVアニメとラジオドラマになっています。
私も最初のテレビシーズンは見ていました。

リトル・チャロ ミニリンゴ

リンゴ味のラムネがおいしいです。
絶妙なリンゴ味です。

ペンギンの問題 ミニレモン

ペンギンの問題 ミニレモン

コロコロで連載していたギャグマンガ「ペンギンの問題」のキャラクターが描かれたラムネです。
アニメ化や映画化された人気マンガですね。
このペンギンは主人公の木下ベッカムです。

すでに廃盤の商品です。

ペンギンの問題 ミニレモン

レモン味ですがあまり酸っぱさはありません。

この商品は「砂糖菓子」ではなく「ラムネ菓子」です。
原材料が砂糖ではなくぶどう糖になっていて、でん粉が入っている点が他と異なりますね。
オリオンとしてはぶどう糖とでん粉から作った商品はラムネ扱いのようですね。

また、内容量がわずかに少なくて8gです。
材料費の違いか、キャラクター使用料の違いか、何かあるのでしょうね。

クレヨンしんちゃんミニみっくすじゅうす

クレヨンしんちゃんミニみっくすじゅうす

2002年(平成14年)2月発売。

クレヨンしんちゃんのパッケージです。
なぜか大阪名物のミックスジュース味です。
贅沢な組合せですね。

クレヨンしんちゃんミニみっくすじゅうす

大阪のミックスジュースはフルーツ果汁と牛乳を混ぜたものですね。
かなりの再現度です。
ふわっとしたミルク感と甘いフルーツが絶妙です。
すごいおいしいです。

ミックスジュース味のラムネと言えば、フエラムネにもみっくちゅじゅーちゅ味があります。

指人形にして遊べます

クレヨンしんちゃんミニみっくすじゅうす

パッケージにプロレスごっこと書いてあります。
なんの事か?と思うかもしれませんが、実はパッケージを切り取ると指人形になります。
これを使って指でプロレスごっこをしようという提案でしょうか。
しんちゃん・アクション仮面・お兄ちゃん仮面の三種類のデザインがありますので、それぞれを指にはめて戦わせましょう。

ミニビタC

ミニビタC

サントリーのデカビタCをもじった名前です。
こういうネーミングが駄菓子っぽくて良いですよね。

デカビタCは瓶が有名ですが、缶のタイプもあります。
ミニビタCは缶のデカビタCに似せてあります。
ミニコーラと同じく「スケールモデル駄菓子」と言えますね。

黄色の背景で赤地に白抜き文字、Cが飛び出しているところも良く真似ています。
さらに瓶まで描かれているのはちょっと徹底しすぎてクドいかもしれません。

ミニビタC

味も想像通りデカビタC・オロナミンC的な栄養ドリンク味です。
なんとなくこういう味のジュースを飲むと元気が出る気がしますが、思い込みでしょうか。
栄養ドリンク味のラムネも面白くて意外とおいしいです。
でもちょっと味が濃い目で喉が乾きます。

ミニグレープ

ミニグレープ

ブルーベリーラムネと一見似ていますが、味は全然違います。
ぶどうの香りと酸味があっておいしいです。

ミニグレープ

この商品は「砂糖菓子」ではなく「ラムネ菓子」です。
原材料がぶどう糖の場合はラムネ菓子と分類するのがオリオンの方針ですね。

また、内容量がわずかに少なくて8gです。
材料費の違い、または製造工程の違いなのでしょうか?

ミニマンゴー

ミニマンゴー

すでに廃盤になってしまいましたが、マンゴー味もありました。

食べる前に無くなってしまったのが残念です。
マンゴー味のラムネは珍しいので、ぜひとも食べてみたかったですね。

ジンジャープラス

ジンジャープラス

「オリオンのおかしばこ」という駄菓子の詰め合わせ商品に入っています。
単体で販売されているところはまだ見たことないですね。

オリオンのおかしばこの値段は中身を足し合わせた金額よりも高いので、詰め合わせなのにお得感がありませんね。

ココアシガレットの携帯ストラップが付いてきますのでそれが目当ての方や、箱のデザインに面白みを感じる方や、プレゼント用に購入されるのが良さそうです。

ラムネ情報

ミニコーラ
名称砂糖菓子
原材料名砂糖・水飴・酸味料・乳化剤・香料・タマリンド色素
内容量9g
ミニサワー
名称砂糖菓子
原材料名砂糖・水飴・酸味料・乳化剤・香料
内容量9g
ミニオレンジ
名称砂糖菓子
原材料名砂糖・水飴・酸味料・乳化剤・香料・アナトー色素
内容量9g
ブルーベリーラムネ
名称砂糖菓子
原材料名砂糖、水飴、酸味料、乳化剤、香料、炭酸Ca、着色料(ブドウ色素、クチナシ)
内容量9g
ミニピーチ
名称砂糖菓子
原材料名砂糖・水飴・デキストリン・ピーチ濃縮果汁・酸味料・乳化剤・香料・果実色素
内容量9g
ミニフレッシュ
名称砂糖菓子
原材料名砂糖、水飴、加糖殺菌発酵乳濃縮物(乳成分を含む)、酸味料、乳化剤、香料
内容量9g
リトルチャロ ミニリンゴ
名称砂糖菓子
原材料名砂糖・水飴・酸味料・乳化剤・香料・野菜色素
内容量9g
ペンギンの問題 ミニレモン
名称ラムネ菓子
原材料名ぶどう糖・でん粉・酸味料・乳化剤・香料・ベニバナ黄色素
内容量8g
クレヨンしんちゃんミニみっくすじゅうす
名称砂糖菓子
原材料名砂糖・水飴・酸味料・乳化剤・香料・着色料(ベニバナ黄色素)
内容量9g
ミニビタC
名称砂糖菓子
原材料名砂糖、水飴、酸味料、乳化剤、香料、ビタミンC、βカロチン
内容量9g
ミニグレープ
名称ラムネ菓子
原材料名ぶどう糖、でん粉、酸味料、乳化剤、香料、果実色素
内容量8g
販売者オリオン株式会社
〒532-0035
大阪市淀川区三津屋南2-10-1

もしよろしければシェアお願いします

毎週更新です、フォローお願いします

ランキングに参加しています。もしよろしければ投票おねがいします。
にほんブログ村 スイーツブログ 駄菓子・駄菓子屋へ