『梅ミンツ』 オリオン

梅ミンツ

オリオン株式会社の「梅ミンツ」です。
昭和48年(1973年)発売。

梅ミンツは子ども用の梅仁丹ですね。
甘酸っぱくておいしいです。

梅仁丹というと森下仁丹が有名です。
森下仁丹の梅仁丹はかなりすっぱいですが、オリオンの梅ミンツは甘くて食べやすいですね。

ライターがモチーフです

オリオンのシガレットシリーズはタバコの箱をモチーフにしていますが、梅ミンツはライターをモチーフにしています。
シガレットシリーズとコンビネーションになっているのですね。

オリオン株式会社の「ココアシガレット」「ブルーベリーシガレット」「抹茶シガレット」「オレンジシガレット」「オトナシガレット」「コーラシガレッ...

画期的で面白いコンセプトとは思いますが、おそらく子どもには伝わらないですよね。
でも、シガレットシリーズと梅ミンツはどちらも大ヒット・ロングセラー商品ですので、もしかすると何か子供心にヒットするところがあるのかもしれません。
子どもは大人のマネをしたがりますからね。

紙容器タイプ

梅ミンツ

こちらはダンヒルのライターをモチーフにしています。
似た形のダンヒルライターを見つけられなかったのでちょっと自信がないのですが、そう言われていますね。

画像検索すると縦長のダンヒルライターはたくさんあるのですが、正方形に近い形のものがうまくひっかかりません。
梅ミンツの発売当時はあったのかもしれませんね。

梅ミンツ

箱の底を押すと、ミンツを取り出す穴が出てきます。

梅ミンツ

当り付きの当て物です。
当りの場合は当り券がこの中に入っています。

当たるともう一個もらえる連続当てですね。

梅ミンツ

梅色の小さい仁丹がたくさん入っています。
甘酸っぱくておいしいです。

ポリポリ食べているといつの間にか一箱無くなってしまいます。

梅は昔から体に良いものとされていて、医者いらずとも言われます。
おいしくて健康に良いお菓子って素晴らしいですね。

プラ容器タイプ

梅ミンツ

こちらは100円ライターをモチーフにしています。
ダンヒルのライターから一気にチープな感じになりましたね。

でも一番普及しているライターは100円ライターでしょうから、これがモチーフになるのは当然のことですね。

開閉しやすいので持ち運びに便利です。

ラムネ情報

紙容器タイプ
名称砂糖菓子
原材料名ブドウ糖、砂糖、でん粉、
梅肉、ゼラチン、酸味料、
着色料(クチナシ、カカオ)、
光沢剤、香料、
糊料(アラビアガム)、乳酸Ca
内容量6g
プラ容器タイプ
名称砂糖菓子
原材料名ブドウ糖、砂糖、でん粉、梅、
ゼラチン、酸味料、
着色料(クチナシ、カカオ)、
光沢剤、香料、
糊料(アラビアガム)、乳酸Ca
内容量8g
製造者オリオン株式会社
大阪市淀川区三津屋南2-10-1
スポンサーリンク

もしよろしければシェアお願いします

毎週更新です、フォローお願いします

ランキングに参加しています。もしよろしければ投票おねがいします。
にほんブログ村 スイーツブログ 駄菓子・駄菓子屋へ