『ラムネ温泉館』長湯温泉

ラムネ温泉館

大分県の長湯温泉にある「ラムネ温泉館」です。

駄菓子のラムネとは全然関係ありませんが、ラムネと付いているとつい気になってしまう性分です。
これは温泉のほうのラムネですね。

ラムネ温泉とは

温泉1ℓ中に1,000mg以上の炭酸ガスが含まれている温泉が炭酸泉と呼ばれます。

炭酸がシュワシュワするのでまるで飲料のラムネのようです。
そのため炭酸泉は通称ラムネ温泉と呼ばれます。

ラムネ温泉館

ラムネ温泉館

大分県の長湯温泉にある、源泉かけ流しの共同浴場です。
大丸旅館の外湯でもあります。

面白いデザインの建物ですね。
レトロなような、ヨーロッパ風なような不思議な形です。
壁には焼き杉が使われていたりします。

ラムネ温泉館

庭にはダンディーな二本足で直立した犬の彫刻があります。
彫刻家の辻畑隆子さんの作品です。
大丸旅館の5代目 首藤勝次氏が設置したようです。

ラムネ温泉館

かっこいい彫刻があるかと思えば、なんだかアレな形の案内版もあります。
こういうのが温泉地のノリですよね。

大浴場

大浴場は32℃の外湯と42℃の内湯があります。
外湯のほうが炭酸泉です。

大浴場の入り口は茶室のにじり口のようになっていて、低いので頭を打たないように注意しなければなりません。
風呂場なので足元も滑らないように注意しないといけないし、同時に頭も気をつけないといけないという過酷な謎設計です。
どういう設計意図なのかは分かりかねます。

外湯―ラムネ温泉(炭酸泉)

日本屈指の炭酸泉と言われています。
湯船に入って数秒で体に細かい気泡がくっつきます。
肌を撫でると泡がふわっと浮かんで楽しいです。

温度が32度と低めの温泉です。
湯温が高いと炭酸が抜けてしまうので、一般的に炭酸泉は低温ですね。

すぐに上がってしまうと肌寒いですので、じっくり入りましょう。
段々と体の芯からポカポカしてきます。

源泉名ラムネ1号泉
泉質含二酸化炭素ーマグネシウム・ナトリウム・カルシウムー炭酸水素塩泉
泉温源泉 32.3℃
使用位置  ℃
成分表(1kg中の組成及び分量)
陽イオン表
成分ミリグラムミリバルミリバル%
リチウムイオン0.40.060.20
ナトリウムイオン219.09.5332.37
カリウムイオン34.40.882.99
アンモニウムイオン1.50.080.27
マグネシウムイオン151.012.4242.19
カルシウムイオン126.06.2921.37
ストロンチウムイオン0.50.010.03
マンガンイオン0.70.030.10
鉄(Ⅱ)イオン2.70.100.34
鉄(Ⅲ)イオン0.70.040.14
536.929.44100.00
陰イオン表
成分ミリグラムミリバルミリバル%
フッ素化物イオン0.30.020.07
塩化物イオン91.82.599.27
硫酸イオン201.04.1814.97
炭酸水素イオン1290.021.1475.69
1583.127.93100.00
遊離成分表
非解離成分ミリグラム溶存物質合計(g)
(ガス成分を除く)
メタケイ酸158.0
メタホウ酸4.1
メタ亜ヒ酸0.0
硫酸0.0
リン酸0.0
162.12282.1
溶存ガス成分ミリグラム成分総計(g)
遊離炭酸1380.0
遊離硫化水素0.0
1380.03662.1
温泉成分に影響を与える項目・理由
加水なし
加温なし
循環(ろ過)なし
入浴剤使用(名称)なし
消毒処理なし

内湯―炭酸水素塩泉

内湯は赤みがかった黄色のお湯です。
こちらは42度と温かいです。

濃厚な湯の花が湯船を漂っていて、浴槽や床には析出物が堆積しています。
秘湯という感じがしますね。

香りは鉄っぽい香りです。

源泉名大丸外湯「高温ラムネ温泉」
泉質マグネシウム・ナトリウム・カルシウムー炭酸水素塩泉
泉温源泉 41.2度
使用位置 41.2度
成分表(1kg中の組成及び分量)
陽イオン表
成分ミリグラムミリバルミリバル%
リチウムイオン0.50.070.16
ナトリウムイオン300.013.0529.78
カリウムイオン59.51.523.47
アンモニウムイオン2.30.130.30
マグネシウムイオン237.019.5044.50
カルシウムイオン188.09.3821.41
ストロンチウムイオン1.00.020.05
マンガンイオン0.60.020.05
鉄(Ⅱ)イオン3.50.130.30
792.443.82100.00
陰イオン表
成分ミリグラムミリバルミリバル%
フッ素化物イオン0.80.040.09
塩化物イオン133.03.758.87
臭化物イオン0.40.010.02
硫酸イオン243.05.0611.97
炭酸水素イオン2,040.033.4379.05
2417.242.29100.00
遊離成分表
非解離成分ミリグラム溶存物質合計(g)
(ガス成分を除く)
メタケイ酸203.0
メタホウ酸4.4
メタ亜ヒ酸0.0
硫酸0.0
リン酸0.0
207.43.417
溶存ガス成分ミリグラム成分総計(g)
遊離炭酸911.0
遊離硫化水素0.0
911.04.328
温泉成分に影響を与える項目・理由
加水なし
加温なし
循環(ろ過)なし
入浴剤使用(名称)なし
消毒処理なし

家族風呂

家族風呂にもそれぞれ32℃と42℃の湯船があります。
3つの家族風呂があります。

ラムネもあります

ラムネ温泉サイダー

駄菓子のラムネではなく、飲料のラムネが販売されています。
正式にはラムネ瓶に入っていませんのでサイダーです。
名称は「ラムネ温泉サイダー」ですね。

ラムネ温泉サイダー

長湯温泉マグナを使用したサイダーです。
長湯温泉は飲泉もできるのですが、飲んでみると鉄っぽい味がしてあまり沢山は飲めません。
それを飲みやすくしたのがマグナというミネラルウォーターだそうです。

飲みやすいサイダーです。
風呂上がりに水分補給できますし、話のネタにも良いですね。
パッケージのキャラクターは南伸坊さんがデザインされています。

飲料情報

品名炭酸飲料
原材料名糖類(加糖ぶどう糖液糖、グラニュー糖)、
塩、酸類、温泉水
内容量250ml
販売者有限会社ラムネ温泉倶楽部 lamuneonsen
大分県竹田市直入町大字長湯7676-2
スポンサーリンク

もしよろしければシェアお願いします

毎週更新です、フォローお願いします

ランキングに参加しています。もしよろしければ投票おねがいします。
にほんブログ村 スイーツブログ 駄菓子・駄菓子屋へ