「 食玩 」一覧

『妖怪ウォッチ デコステッカーラムネつき』エンスカイ

妖怪ウォッチのステッカーが付いたラムネです。「ラムネつき」という表現から分かるように、完全にステッカーがメインでラムネがおまけですね。18種類のステッカーの中から2枚がランダムで封入されています。貼ってはがせるステッカーです。おまけ扱いのラムネは1粒だけ入っています。でもこのラムネは意外とおいしいです。

『食べルンですHi』 オリオン

富士フィルムの「写ルンです」のパロディ商品です。実は「写ルンです」の景品として使われたこともあります。カメラっぽいギミックで、シャッターを押すとレンズがスライドしてラムネの取り出し口が現れます。横のボタンを押すとレンズが閉じます。さらに、ラムネの色で占いができるようになっています。盛りだくさんです。

『ドラえもんおうたのじかん』ニュー東京製菓

マイク型の食玩です。ボタンを押すと小窓の中のイラストが回転して採点ができます。採点は7種類あります。マイクの柄を外すと中にラムネが入っています。クッピーラムネとよく似た形・サイズのラムネが4g入っています。 約14粒です。湿式ラムネです。甘みを強く感じるラムネです。

『サンリオうらないマイク』ウィード

サンリオとセガトイズのキャラクターがデザインされた食玩です。ニュー東京製菓の「ドラえもんおうたのじかん」とそっくりです。ボタンを押すとドラムが回転して点数を付けてくれます。マイクの柄の部分を外すと中にラムネが入っています。味も森永ラムネのようなシンプルな味です。甘みと酸味がほどよいです。

『ジューC X BE@RBRICK』カバヤ食品

カバヤのジューCとメディコムトイのベアブリックがコラボレーションしたジューC発売50周年記念の商品です。ベアブリックの中に特別仕様のベアブリックデザインでパッケージされたコーラ味のジューCが1本入っています。容器がかわいらしいですね。食べ終わっても捨てるのが忍びないです。部屋に飾って置きたくなりますね。

『プチミンツ』チーリン

オレンジ・レモン・サワーの3種類があります。プチラムネと同じ容器に入っています。フタの部分をスライドするとミンツの取り出し口が出てくると同時に吹き口も出てきます。 吹くとヒューといった感じの音が鳴ります。あまり良い音とは思いませんが、こういうギミックは子どもは喜びそうですね。

『プチラムネ』チーリン

少し変わった形の容器に入っています。これは実はフタが笛になります。パッケージには笛になる事は何も書かれていないので、もしかすると気が付かなかった人もいるかもしれませんね。いちご・夏かん・青りんごの3種類があります。森永ラムネを二回りくらい小さくした大きさのラムネが入っています。

『プリパララムネ』カバヤ食品

アニメ「プリパラ」のラムネです。グレープ味のタブレット型ラムネが入っています。ラムネにはキラキラキャンディーチップというピンク色の細かいキャンディが混ぜ込まれています。食感が変わって楽しいです。キャラクターシールが一枚ずつおまけに付いています。おまけシールは全部で10種類です。

『瞬足コレクション』カバヤ食品

アキレスのシューズブランド「瞬足」という靴の模型がおまけの食玩です。食玩の出来がすごいです。靴裏までちゃんと再現されています。さらに靴箱まで付いています。靴は全5種類、3カラーバリエーションあります。ラムネは6粒しかはいっていないのです。でもラムネは美味しいです。

『プレイマイク』マルタ

カラオケのマイクのような容器に入ったラムネです。昔のアイドル歌手が子どもの頃に、このようなマイク型のおもちゃで歌の練習をしていたという話を聞いたことがあります。今の子ども達も同じようなことをするのでしょうか。マイクの中にはちゃんとラムネが入っています。

『カラオケマイクラムネ』コリス

小さなカラオケマイクの形をした容器にラムネが入っています。ちょうど子供の手に収まる大きさです。子どもがカラオケごっこをするのに使えそうです。容器の色は全部で5色です。アイドルのように自分のイメージカラーのマイクを選ぶと楽しいですね。ラムネはフエラムネと同じ味でサクサクしていて柔らかいです。

『はなかっぱとつくろう!やわらかラムネ』名糖産業

はなかっぱのラムネを手作りできるキットです。ラムネの粉と水を混ぜると簡単にラムネが作れます。各社からラムネ作成キットは発売されていますが、これが一番簡単かもしれません。こういう手作り菓子キットは楽しいですが、意外とおいしくないことがありがちですが、でもこのラムネはおいしいです。

『フエラムネ』コリス

フエラムネは昭和48年4月に発売されて以来の定番ラムネです。フエガムが発売されて、後にフエラムネが発売されました。音が鳴る点とおまけのおもちゃ付きで有名です。一番有名なパッケージは8粒+おまけが入ったブリスターパックのタイプです。他にも吊り下げタイプや、パウチパックの大容量タイプなどもあります。

『クレヨンしんちゃん くれよんラムネ』オリオン

クレヨンしんちゃんのくれよん型の食玩です。なんと、ほんとうにかけるクレヨンになっています。全部で6色あります。クレヨン型の容器の包みを外すと裏側がぬりえになっています。さらに表側にはシールが付いています。とても凝った作りになっていますね。糖衣で包まれたラムネが入っています。

『モンスタースタンプ』やおきん

ハンコ型のラムネです。印面を舐めるとスタンプになりモンスターの図柄がスタンプできます。唾液で印面の着色料が溶けてスタンプになる仕組みです。印面から取っ手まで全部ラムネでできていて食べられます。印面を舐めて着色料を溶かすという仕組みのために舌がすごい色になります。

『ココアシガレット』シリーズ オリオン

ココアシガレット、ブルーベリーシガレット、抹茶シガレット、オレンジシガレット、オトナシガレット、コーラシガレット、サワーシガレット、イチゴシガレットです。シガレットシリーズはココアシガレットが昭和26年(1951年)に発売されて以来のロングセラー商品です。昔は中心部がココアでその周りをハッカが巻いた構造でした。

『カラフルラムネランド』クラシエフーズ

ラムネを手作りできます。家庭用のラムネ作成キットですね。市販されているラムネの作り方と基本的に同じ方法でラムネが作れます。子どもでも簡単にラムネが作れるようになっています。ラムネの元を作る時は粉と水を混ぜるのですが、袋の中で作業するので手が汚れ無くて良いですね。

『ザ・かたぬき』ハシモト

かたぬきは模様が彫られた薄い板から模様を抜き出す遊びです。板はデンプンを固めて作られています。昔はコンパ菓子と呼ばれていた種類の菓子です。子供の頃に夜店があると、テキ屋の露店でかたぬきがありました。型がうまく抜けると景品がもらえました。菓子としてはあまり美味しくないですね。

『ラムネバー<ソーダ味&みかんソーダ味>』森永製菓

森永ラムネが中に入ったアイスキャンディーです。1本当たり7~8個のラムネがゴロゴロと入っています。ソーダ味のアイスキャンディーにラムネを粒のまま入れるとは大胆ですね。外側はしっかりと固められた氷になっていて、内側のかき氷状の氷を包んでいます。ガリガリ君とよく似た構造ですね。外箱とアイスの棒を使っておもちゃが作れます。

『サングラスラムネ』コリス

コリスといえばフエラムネで有名ですが、これはサングラス付きのラムネです。サングラスをおまけに付ける意味はよくわかりませんね。親子で買い物をしていたら、親は子どもからねだられたりするのでしょうか。サングラスの色は5色あります。試しに掛けてみたらとってもファンキーな感じになりました。サイズ的に子供用です。

『てづくりラムネ』明治チューインガム

家庭用のラムネ作成キットです。市販されているラムネの作り方と同じ方法でラムネが作れます。自分で作るお菓子っておいしく感じてしまいます。大人がやっても楽しかったのですが、子どもと一緒にやってみたらより楽しそうです。必要な材料は水だけです。粉と水を混ぜてこねるとラムネになります。

『ガチャッと!ジューCカラーボール』カバヤ食品

カプセルベンダー(ガチャガチャ)を模した容器に入っていて実際にガチャガチャができます。上のフタを開けてラムネを入れ、手前のハンドルを回すと一粒づつラムネが出てきて面白いですね。パッケージには書いていませんが、中身のラムネはジューCカラーボール ソーダですね。

『ピクミン3 デコステッカーラムネ』エンスカイ

ピクミン3のキャラクター商品です。中にステッカーが2枚とラムネが1個入っています。ラムネの扱いがひどい気がしますが、キャラクターありきの食玩は概ねこのような構成が多いですね。もっとラムネを入れてほしいと思いますが、お客さんの目当ては玩具のほうですから仕方ないですね。ヨーグレットによく似たラムネが入っています。

『クリノッペ クリーナーポーチ』カバヤ食品

グリーのクリノッペというキャラクターのポーチが付いています。携帯クリーナーにもなります。キャラクターのポーチが4種類あり、1箱に1種類入っています。箱の上の部分に番号が書いてありますので、どれが入っているか分かるのは親切ですよね。ラムネはミルクの香りがして、ミルクとフルーツを混ぜたミックスジュースみたいな味です。

『明日もずっとラブ友ハートラムネ』オリオン

オリオン株式会社の「明日もずっとラブ友ハートラムネ」です。明日もずっとラブ友は、ファンシー文具メーカーの「カミオジャパン」のブランド・キャラクターですね。カミオジャパンとオリオン株式会社のコラボ商品です。パッケージの裏側がパズルになっていて、そこに友達へのメッセージを書いて渡すという遊び方ができます。

スポンサーリンク