「 駄菓子 」一覧

『花串カステラ』と、その系譜

花串カステラは、明治時代に名古屋で作られたもので、花の形をしたカステラを串に刺したものです。カステラ生地の原料は卵と小麦粉、砂糖と水飴です。それらを混ぜてトンネル釜で焼き、砂糖をまぶすと花串カステラの出来上がりです。高級カステラとはまた違ったおいしさですよね。花串カステラの系譜をご紹介します。

『セブンネオン』(マンボ菓子) 丸義製菓

マンボ菓子(通称マンボ)と呼ばれる駄菓子の一つです。中部地方ではポピュラーですが他地方では知名度が低いようです。丸義製菓からは数種類のマンボ菓子が販売されています。マンボ菓子はポリエチレンのチューブに酸を抜いたラムネ状のもの(コーンスターチ)を詰めた棒状の駄菓子です。チューブを歯でこすようにして食べるのが一般的です。

平成の駄菓子年表

ベビースターラーメンの松田食品株式会社が社名を株式会社おやつカンパニーに変更しました。平成の駄菓子年表は、今後も新製品が出たら追加していく予定です。

昭和(昭和60年~昭和64年)の駄菓子年表

昭和60年代は4年と数日しかありませんので、年表の内容的には少ないですね。ライスチョコレートの東チョコが創業しました。マルカワ製菓のフィリックスフーセンガムは昔は似たようなキャラクターが描かれていましたが、正式にライセンスを契約してフィリックス・ザ・キャットのイラストを使用するようになりました。

昭和(昭和40年~昭和49年)の駄菓子年表

今でも販売されているロングセラーの商品がこの頃に発売されています。いくつかピックアップしてご紹介します。人工甘味料のチクロが使用禁止になったのもこの頃です。廉価なチクロが使えなくなり、価格上昇を余儀なくされ消えていった商品もあります。

『ザ・かたぬき』ハシモト

かたぬきは模様が彫られた薄い板から模様を抜き出す遊びです。板はデンプンを固めて作られています。昔はコンパ菓子と呼ばれていた種類の菓子です。子供の頃に夜店があると、テキ屋の露店でかたぬきがありました。型がうまく抜けると景品がもらえました。菓子としてはあまり美味しくないですね。

『すこんぶ』近畿食品

中袋から取り出すと酢の良い香りが広がります。ウェットタイプで半生の酢昆布です。乾燥しきっていないので、香りが新鮮ですし、柔らかくてとても食べやすいですね。駄菓子で半生の酢昆布は珍しいですね。でもこちらのタイプのほうが駄菓子っぽさを感じます。

『三ツ矢サイダータブレット ぶどう味』アサヒフードアンドヘルスケア

三ツ矢サイダーには三ツ矢フルーツサイダー グレープがあります。それのタブレット版かなと思いましたが別系統のようです。明治のヨーグレットと同じようなパッケージですね。紫色の細かい飴がタブレットの中に混ぜられています。食べていてもほとんど粒は気になりません。でもちょっとシュワっとする感じがあり清涼感があります。

『あわラムネ ソーダ味』杉本屋製菓

1.5cmの立方体状のラムネが入っています。「しゅわっとさくっと新感覚おかし」というキャッチコピーがパッケージに書かれています。食べてみると寒天のようなマシュマロのような食感です。森永製菓の生ラムネとよく似た形ですが、こちらのほうが柔らかいです。

『元祖 植田のあんこ玉』植田製菓

あんこ、きな粉、砂糖、水飴のみで製造されていて、添加物は一切使っていません。気温や湿度に応じてあんこの煮方を変えるなど、職人の手作業で作られています。もはや駄菓子と呼ぶのはもったいない気がしますね。添加物無しなのに意外と二週間も日持ちします。煮方を変えることによりなせる職人の技だそうです。

『青キジの生ラムネ』森永製菓

ワンピースの青キジがパッケージに載っていますね。青キジは凍らせる能力があるキャラクターです。この製品も冷凍すると食感が変わるというのが売りですので、それと掛けてあるのでしょう。ワンピースとのタイアップのために、新規開発した商品というわけではありませんが、ブルーハワイ味は青キジ用の特別版ですね。

『生ラムネ』森永製菓

すでに生ラムネという製品は廃盤になったようです。そしてリニューアルされて、今は生ラムネグミになってますね。見た目はグミみたいですが、グミほどの弾力は無くて押すと凹んだままになります。全然ラムネっぽくないですね。柔らかくてちょっと和菓子の生菓子のような感じがして、少し羊羹っぽいような気もします。

『カルミンイチゴ』明治

カルミンが2009年3月にリニューアル発売された際に、同時にイチゴ味の「カルミンイチゴ」を新たに発売されました。苺カルミンがかつてありましたので、それの復刻・改良版だったのかもしれません。カルミンは2015年3月で製造・販売終了が告知されましたが、こちらのカルミンイチゴはすでに販売終了していますね。

『カルミン』明治

1921年(大正10年)に発売開始されたロングセラー商品です。2015年3月で生産・販売中止になります。90年以上の歴史を持つロングセラー商品ですが、100年になる前に終わります。ご想像通り、カルシウムとミントを合わせてカルミンです。錠剤に書かれているMSは、明治製菓(Meiji Seika)の略です。

昭和(戦前)の駄菓子年表

昭和初期から戦前までの昭和時代の駄菓子年表を紹介します。「都こんぶ」の中野物産が酢昆布の製造を始めています。ナインティナインのオールナイトニッポンでおなじみの点取占いはこの頃に発売されていますね。

大正の駄菓子年表

大正時代の駄菓子の歴史を年表にまとめました。寒天ゼリーがこの時期に発明されていますね。駄菓子の定番 花串カステラは大正7年に開発されました。都こんぶは中野物産株式会社のものが有名ですが、都水産の開発したものが元祖ですね。

明治の駄菓子年表

明治時代の駄菓子の歴を年表にまとめました。今でも残っている駄菓子やおもちゃがこの時期に発明されていますね。明治12年「西洋形短銃」玩具登場、明治41年 兵庫県明石郡の一柳譲二「アイスクリーム煎餅(コーンカップ)」実用新案、明治42年 東京都浅草区の山田由吉「知恵の友(知恵の輪)」実用新案など

スポンサーリンク